iPod nanoの故障からのiPod touchの購入

iPod touchを買いました。

いやその前に愛用していたiPod nanoが故障してしまいました。(3年ほど使用)
音がスカスカ(高音ばかりで中低音が出ていない)でかつボリューム調整も効かない。
電源のオンオフをしたり数日置いてみたりしましたが改善なし。

使用頻度はヘビーユーザーといってもいいぐらいでしたので、3年なら壊れたこと自体は許容範囲かなと思えます。
しかし、とても個人的な話ではありますが、そのiPod nanoがいただきもので特別なものだったので感傷的な気分になり落ち込んでいました。

一週間ぐらい落ち込んだあと、現実を見てさてどうするかと。
そもそもiPodにかかわらず、携帯音楽プレーヤー自体が20年以上のカセットのウォークマンの頃からのヘビー使用者でしたので、音のない生活は考えられません。
そこでここは一つ、もともと友達から薦められたiPod touchを買ってみるかと。
もちろんiPhoneに切り替えるという選択肢もあるのですが、僕の場合、携帯電話はカジュアルなコミュニケーションツールではなく緊急用以外の何者でもありませんので電話機能はいらんと、かつWi-Hiサービスに既に加入していてルータも持っているので、その事情を知っていてiPod touchを教えてくれていたのです。

ぐずぐず悩んでいても一度決断したら「疾風ウォルフ」並に行動の早い自分。
さっそく大阪梅田のヨドバシカメラでホワイトの32Gモデルを購入。
実際に触ってみると、すぐにこのiPodがよくできていることが分かりました。やっぱりスティーブ・ジョブズはすげえわと改めて感心し感動し天を仰いだしだい。

iPod touchを持ったらぜひやってみたかったのが、BBCラジオのストリーミングサービスを外でも聞く、ということでした。
事前にいろいろ調べると、現状ではiPhone/Pod向けに対応されておらず「FStream」なる無料のアプリを入れると聞けるとか聞けないとか。
そこでさっき試してみたんです。
そうすると予期してなかったことに、App Storeからそのアプリをダウンロード開始のボタンを押すところで画面がフリーズ状態になりました。
購入早々いやだなと思いつつ、その内容でグーグル検索に引っかかるかとやってみると、質問サイトにやはり同じ質問がありましたね。

結論をいいますとそこに載っていた解消法ではうまくいかなかったんです。
うまくいかねえなあと、何気なくBBCラジオ2のサイトを開いて視聴のボタンを何気なく押してみました。

「あれ?聞けるじゃん・・・どういうこった」
もしかしてアーカイブの過去放送分かもしれないと、PCで現在の放送と聞き比べてみました。
時間差は数秒ありますが、まぎれもない本放送です。
ほんの先ほどのことでまだよく状況を理解してはいませんがアプリを入れなくても聞けたようです。

そして故障の副産物でiPodのトラブル解消法をいろいろ調べたことで改めてiPodを理解するに至りました。
今までアナログのウォークマンと同じ感覚で3年間iPod nanoを使っていましたが、実際にはiPodはPCと同じようにOSで動いてるんだとやっと分かったのです。
・・・もしかしてPCと同じようにリブート的な何かをすればiPod nanoも直るかも。
電源のオン・オフは試して解消がないことは確認していましたが、どうもリセットというのが存在するらしい。
ipodが故障したら」というとても丁寧に詳細に解説されているサイトを参考にさせていただき、iPod nanoをリセットしその後音を聞いてみました。

な、直った!

うれしいような、どこか複雑な気持ちが残ります。
さてnanoの方は休眠状態にするか、それともこの2台のiPodをどうにか使い分けていくのか、しかしiTunesには一台しか登録できないはずだし・・・。
えーーい「明日考えよう」!!


(話に脈絡は全くありませんが、先ほどBBCラジオ2でこの好きな歌が流れましたので)Olivia Newton John & ELO - Xanadu