青 Blue

iPodから適当に音楽を聞いていたら、この曲が流れました。最初のピアノとウッドベースの音を聞いてフゥ〜っと一息。

Miles Davis - Blue in Green

マイルス・デイヴィス - トランペット
ジョン・コルトレーン - テナー・サックス
ビル・エヴァンス - ピアノ
ポール・チェンバース - ベース
ジミー・コブ - ドラム
ウィキペディアより)

ジャズの歴史的名盤と言われる「カインド・オブ・ブルー」Kind of Blue(1959)の一曲。
久しぶりにCDを取り出して通して聞いてみました。
このアルバムに漂う雰囲気や響きに浸っていると落ち着きます。音だけ聞いているとちょっと眠くもなりますが・・・

「ブルー」「青」
青は、青空や海の色で気持ちが落ち着くいい色ですが、同時に「憂うつ、落ち込み」の意味もあります。


青で思い浮かぶもう一曲、aikoの「青い光」
アルバム『夢の中のまっすぐな道』の一曲目。

この曲このアルバムには、悪い意味ではなく、一度聞き始めると心の内側に入ってしまってしばらく外側に出て来れないような、どうもそんな力があります。
もう忘れてしまったようなギュムムっと締め付けられるような感情に浸りこんでしまう。

『秘密』までしか聞けてないのですが、ずっといいアルバムを出し続けてるaikoの中でも特に好きな一枚です。