Side B-2

この曲を聴くといつも夕焼けの校舎が浮かび、

ギューッとあったかい優しい気持ちになります。

 

先日、かわいい系も復活して欲しいと書きましたが、そもそもグループごとにそれぞれの「かわいい系」があるなと思い至りました。

モーニング娘。にはモーニング娘。の、℃-uteには℃-uteの、アンジュルムスマイレージ)にはアンジュルムの、等々。

 

この曲は、本当にBerryz工房のかわいい世界です。(Produced by つんく♂

 

図書室待機」(「ジリリ キテル」(2006)のカップリング曲)

作詞・作曲:つんく 編曲:AKIRA



つんく♂さんの詞曲だけでなくAKIRAさんのシャープな音使いのアレンジも素晴らしいです。

 

曲的に言うと、

♪ 勉強なんて 無理ね

から

♪ 皆さん 同じみたい

の移行のところが、すごく変態的な(笑)進行に聞こえます。歌謡曲でなかなか無いような不思議なこの感じ。転調??

 

このシングルのタイトル曲は「ジリリ キテル」。

お馴染みの、ライブではイントロから頭が真っ白にぐらい(笑)高まる曲です。

これは黄金のA-Bバランス!

 

ジリリ キテル

作詞・作曲:つんく 編曲:湯浅公一



 

 

Side B

Berryz工房のシングル曲をコンプリートしたベストアルバム「完熟Berryz工房」を今でも折にふれて聴いています。

 

聴く回数は、シングルのタイトル曲集よりカップリング曲集の方が多いです。

なんといいますか、タイトル曲とはまた違う、つんく♂さんの個性と味がある魅力的な曲が多いんです。

CDは、アナログレコードやカセットテープとは違って物理的な表裏(A面・B面)がありませんが、ただカップリング曲には今でもその名残なのか陽に対して陰な雰囲気が残っているような感じです。

他に例えるなら、アニメのオープニング曲とエンディング曲は特に昭和のアニメでは顕著でした。明るくて元気な始まりの歌と、寂しくてだけど懐かしい終わりの歌。

つんく♂さんも、そういったものから来るわび・さびがあるのかもなどと想像します。

 

先日もこのアルバムを通して流していまして、いいな~(しみじみ)と聞いていました。

 

「あいたいけど…」(「胸さわぎスカーレット」(2006)のカップリング)

作詞・作曲:つんく 編曲:高橋諭一



あらためて、なんと優しい歌なんでしょう心がギュッとつかまれます。

 

もうメディア(媒体)が必要のない時代になっていますので、今後はシングルという発想そのものも変っていくかもしれません。

ただ・・・B面曲よ永遠なれ。

 

なお、モーニング娘。カップリングコレクションもとてもいいですね。

 

話しは変わり、B面つながりで。

25年前にNHK教育テレビで放送していた「土曜ソリトン SIDE-B」は好きな番組でした。

なんというか青春です。

高野寛さんの弾き語りコーナーが好きで、このGUILDのアコースティックギターの音色は憧れでした、懐かしい。



天津飯のおはなし

王将に行くと、天津飯と餃子(+ビール)というのがずっと自分の定番です。

昔はそれに加えラーメンとか食べてましたが(笑)、もうそこまで食欲はありません。

 

天津飯てうまいんですよね。あの餡とトロトロ卵の絶妙な組み合わせが最高です。

 

ただ不思議なんですよ。

よく中国には天津飯はない、とは言いますが、それ以前にそもそも天津飯って中華料理の要素が全然ないと思うんです。むしろ和食ではないかと。

白いご飯に卵、そして味の決め手の餡、それも昆布だしかカツオだしのような感じがするんです。

そこが発明です。

 

それと似たようなものでいうと、東京ではおなじみ大勝軒のつけ麺。これも好きなんですが、これも中華料理というよりは和風テイストな感じがします。

 

話しは変わって、関西で天津飯というと味(餡)はだいたい一つです。

で、私は学生の頃から食べ続けているその味が好きなんですが、関東の王将に入ったときに、味が3種類あったんです。選んでくださいと。

「京風、甘酢、ケチャップ」

はて・・・そのとき久しく食べてなかったので、あの「普通の」天津飯って何味だったんだろうと分からなくなりました。

味を思い出そうとしましたが、そもそもそれまで比較したことがないので出てこない。

そうだ、甘酢だったかなと思い甘酢味を注文しました。

 

それが、出てきたものは自分の「普通の」天津飯じゃありませんでした。

(それはそれでおいしかったんですが)

 

それからモヤモヤが続いたんです。あああの「普通の」天津飯が食べたい。

そして日を置かずして、気分はリベンジでまたその王将に食べにいきました。

ぜったい「京風」に違いない。

そもそも王将は京都発祥やのに、京風に決まってるやん。

 

もう余裕で、キンキンに冷えた瓶ビールで口を潤しながら出てくるのを待っていました。

そして運ばれてきた「京風」天津飯。これこれ、この色まちがいない。

そして一口、

 

・・・まさか!これも違う!

それでもありませんでした。

その「普通の」天津飯よりさらに和な、カールのうす味のようなお味でした。

頭の中はコンフュージョン。ケチャップ味は絶対に違うし。

 

だした答えは、今度関西で食べよう、でした。

 

Electric Light Orchestra - Confusion (1979)


Electric Light Orchestra - Confusion (Official Video)

 

 

いい番組でした

9月2日21時放送のテレビ番組

「指原も熱狂!!モーニング娘。を愛しすぎる女!」(徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました)、すごく面白かったです。

ハロプロ愛が制作の域を超えていました、スタッフにハロヲタがいるに違いありません。(笑)

 

モーニング娘。ハロプロが番組で取り上げられることはあっても、ゴールデンタイムであんなヲタヲタしい話が聞けるとは。。つんく♂さんの登場もあり感激でした。

 

今ならTVerで見れます!ご覧になっていない方はぜひ。(9月9日(水) 19:55 終了予定)

https://tver.jp/

 

はぁ~・・・つくづくハロプロっていいですね!

 

モーニング娘。鞘師里保小田さくら)「大好きだから絶対に許さない」(2013)

作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫

【ハロプロ】カワイイ系路線も復活してほしいっ

ハロプロ史の中でも一つの事件であった「クールハロー」(2013年でしたか)以来、
ハロー全体的にカワイイ系楽曲から、カッコイイ(クール)系の曲中心に舵が取られている気がしています。
大げさに言えばカワイイ系楽曲の新曲は、もはや風前の灯火、絶滅危惧種です。
これが私としてはどうも寂しく、そんな減ってきたカワイイ系の曲やユニットがもっと聞きたい見たいと心から願います。

 

いえ、決して今の路線を否定してるのではないです、ただそういうユニットもあればいいな・・・と(チラッ)。
そう、今はダイバーシティ(多様性)の時代ですしね。
正式グループでなく、シャッフルユニットでいいんです。20年前にはありましたよね、三人祭りとか黄色5とかワクワクするようなシャッフル企画が。
それに森ちぃ(森戸知沙希)や、やなふな(梁川・船木)ちゃんらはグループ兼任なんてもっと大変なことしてたんですし、可能かと思います。

 

そもそもまず何故そういう方向転換をしたんでしょうか?

実際のところそれはハロプロのマネジメント層でないと分かりませんが、まず考えられるのは世の中のニーズなどマーケティング的なものでしょうか。
いえ、私の空想では素晴らしい作家人を誇るハロプロ界隈といえども、カワイイ系の曲作りはつんく♂さんがあまりに天才的だからではないか、と想像しています。

そんな、つんくカワイイ系の良曲はスマイレージ(現アンジュルム)が特に多いですね。
例えば、そう「パン屋さんのアルバイト」とかたまらんですね。
なんですかね、中年男性をもキュンとさせてしまうこの魔力(笑)そんな青春まったくなかったのに。。


スマイレージ「パン屋さんのアルバイト」(2011)
作詞・作曲:つんく 編曲: 鈴木俊介


つんくカワイイ系楽曲について二つのポイントを上げたいのですが、
 1. 歌詞
 2.メロディ

 

この「パン屋さんのアルバイト」の出だしが
♪「バイト先で急にモテ始めたノダ どうしよう制服を脱げば普通なのに」 
はーい100点ーーん!
導入部からワクワクが高まり、物語のその先が気になります。
そう、つんく楽曲の歌詞は、物語・ストーリーテリングの要素が多いと思います。
めくるめく情景ワールド!

それに対し、今のハロ曲はエッセイ・日記的な歌詞が主流ですか。(しつこいようですが、、素晴らしい楽曲も多く決して批判ではないです)

 

そしてハロヲタ内でよく言われていますが、つんく♂さんの曲は、シングルA面曲だけでなくカップリングやアルバム曲にも良曲がほんと多いんですよね。
そうですね、「シューティングスター」なんてほんと歌い継がれるべき名曲ですよ。

 

スマイレージ「シューティングスター」(2010)
作詞・作曲:つんく 編曲: 湯浅公一

 

♪「また明日も絶対平和じゃなきゃすねるよ こんな我がままはいいでしょ」
こんな歌詞はほかの誰にも書けません、さりげないけど名歌詞です。しかも改めて聞くとその度ごとに、いいと思うポイントが違うんです。これは名曲の証です。

 

そして第二のポイントとなりますが、メロディ。
アップなシャッフルビートでブラスアレンジの明るい編曲なんですが、そこにつんく♂さんのちょっぴり切ないメロディが合わさって得も言われぬ魅力的な曲になっています。
ところどころのノートの半音上げ下げでふわっと哀愁感が出る。
正確に音楽理論としてお伝えできる知識はないのが恐縮ですが、、その絶妙な音使いがつんく楽曲の特徴だと思っています。

つんく♂さんが意識してそういうメロディ作りをしてるのかナチュラルな感覚なののかはわかりませんが、
これは決して音楽理論を知っているから作れるものでないと思います、天性なものかと。
そしてメロディだけなく「イェーイ!」や「フーッ!」もつんく"Golden"楽曲らしく最高ですね。

 

また、おそらく現場で生でライブを観た方でないと伝わりづらいかもしれませんが、このカワイイ系楽曲はライブで、時にメンバーでさえも驚くほど異常に盛り上ったりするんです。
決してごりごりディストーションサウンドパワーコードリフだけがライブで盛り上がる要素でないんです、ほんと不思議なのですが、つんく楽曲はカワイイ曲でもやたら気分が高まります。

 

あとはスマイレージではないですが「もしも...」など、メロディだけ取り出してみると、スケール(音階)など面白い作りになっているように思います。
(ハーモニック?メロディック?マイナー的な?)


モベキマス(歌:譜久村聖嗣永桃子中島早貴真野恵里菜和田彩花
「もしも...」(2011)

作詞・作曲:つんく 編曲:高橋諭一


まったく素晴らしい!


私が「もしも」で一番好きなのはですね・・・


真野ちゃんの「もおいやっ」


、ですね(`・ω・´)キュン

(って、いやセリフなんかーーーーーいっ!)
m(_ _)m

 

という訳で、またカワイイ系楽曲の新曲をワクワク楽しみするような流れも作ってほしいと願っています。

金田一耕助の映画シリーズを観ました

夏だから、なのかアマゾンプライム金田一耕助シリーズ(横溝正史原作・市川崑監督・石坂浩二主演)の映画が上がっていましたので毎日一本で全て観ました。

(怖い映画が苦手な方はお控えください)

 

昔の映画は、自分にとっていい気分転換で今のことを忘れさせてくれるんです。

 

このシリーズは当時人気があったのは知ってるんですが、自分がほんの小さい子供で、そういえば8時だョ!全員集合志村けんがパロディのようなことをしていたなあと(笑)そんな記憶があるぐらいで、今改めて大人の目で見てみると発見があり面白いです。

 

ウィキペディアで調べると、リメイク版「犬神家の一族」(2006)を除くとシリーズは以下の全5本です。

  1. 犬神家の一族(1976年〈昭和51年〉10月16日公開)
  2. 悪魔の手毬唄(1977年〈昭和52年〉4月2日公開)
  3. 門島(1977年〈昭和52年〉8月27日公開)
  4. 女王蜂(1978年〈昭和53年〉2月11日公開)
  5. 病院坂の首縊りの家(1979年〈昭和54年〉5月26日公開)

 

まず4年間のあいだに5本も作られていたことが驚きでした。もっとも映画の撮影の期間って通常どのぐらいかを知りません、、内容や規模によるのでしょうが。

 

全部見終わっての感想は、内容が難しい!

どの話も人間関係が複雑で、それに筋がこんがらがって集中して見ないと、取り残される可能性があります。特に「病院坂の首縊りの家」、これは1回観ただけで理解できる人は少ないと思います、2回映画を観るか、原作を読んで観るか・・・。

 

私のオススメ順としては、製作順そのままの順番です。

特に「犬神家の一族」は娯楽映画として一番観やすくてビジュアルもよいです、有名なだけあります。

 

そして良かったのが5本とも昭和の名(女)優ぞろいなことです。特に私が印象に残ったのは、岸恵子若山富三郎桜田淳子です。それと主役の石坂金田一だけでなく毎回お決まりで出てくる人たちがいまして、大滝秀治加藤武坂口良子、よかったぁ。

 

名探偵はそれぞれ決まった個性やパターンがあります。(この映画の)金田一耕助は、最終的に難しい謎は解明するのですが、ただ現地入りしてるのにその後に起こる事件は未然に防げないんです。。

金田一あるあるかもしれません。

ただ私はこういう決まったパターンがあるのは好きです。

 

どの話も戦後の混乱期を舞台にしています。

映画の公開は1970年代の戦後30年ほど、その当時の感覚でその混乱期はどのように見えていたのでしょうか。

 

 

 

「就活センセーション」

中島卓偉さん作曲の、つばきファクトリーの曲といえばこの曲もそうですね。

 

「就活センセーション」(2017)

作詞・作曲:中島卓偉 編曲:ダンス☆マン


つばきファクトリー『就活センセーション』(Camellia Factory[Job hunting sensation])(Promotion Edit)

 

オケが超ーーーカッコいいんですよね!

と、クレジット見るとダンス☆マンさすがです。

スーツ姿のつばきメン、これもめちゃいいですね~MVもすごくいい。

 

ただ、、単に私的な理由ですが、自分にとって「就活」はトラウマでして、聞くとつらくなるのです。(笑)

(当時)履歴書を書いて一文字でも書き損じたら最初から書き直しとか、どんな修行かと今から考えても意味が分かりません。それを何十枚も書くんですよ。。今はデータでOKなはずで、そんなことはないとは思いますが。

 

曲については、知って驚いたんですが、卓偉さんは元々就活でない全く別の歌詞を書いていたんだけど、依頼側の注文で就活の歌詞を書き直したそうです。

曲ごとにいろいろな裏事情があるのですね。

 

そしてオフィスで働くハロメン、といえばこのMVを思い出しました。

 

Berryz工房MADAYADE」(2010)

作詞・作曲:つんく 編曲:平田祥一郎


Berryz工房「MADAYADE」 (MV)

「就活センセーション」の緊張感とは反対に、ドリフの会社コントみたいで、このゆるい感じがベリらしくてグーです。

 

 

卓偉さんがゲスト出演したNHK-FMの「ディスカバー・ビートルズ」聞きました。

想像をはるかに越えるマニアックさでした。完全にヲタ(笑)

聞き逃し配信あります↓(8月17日 AM1時まで)※卓偉さん出演は開始から1時間15分あたり。

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=6343_01