ラガービール

いろいろお酒はたしなんできました。

日本酒やワインもおいしいんですが、けっきょくビールに落ち着くなあと感じます。

ビールって不思議だと思うんです。味わって飲むものじゃないじゃないのになんでこんなにうまいんだと。

生まれ変わったらどんな仕事をするかを想像することがあるんですが、ビールを作る人はランキング上位です。

 

こないだ仕事の先輩と飲んだんですよ。

そのお店に置いてた瓶ビールがサッポロの赤星。

「うまい!」

しみましたね、体に染みる感じがしました(笑)

 

「赤星」というのはニックネームで(かっこいい)、正式には「サッポロラガービール」なんですが。ラガービールと聞くとキリンのラガービールも有名ですね。

キリンなら一番搾りが好きで、ラガービールは苦い感じがして好きではなかったんですが、これが最近そのニガニガがうまいと思うようになりました。

 

そういえば、最近は春菊や菜の花がうまいなと思うようになったんですよね。

味覚が渋好みになってきているのかもしれません。。

 

さらには、、今日このジミヘンの曲を聞いていて、いいなと。以前には聞けていなかった何かが聞けた気がしました(笑)

う~む、、何か嗜好が変わってきているんだろうか。

 

The Jimi Hendrix Experience - Little Wing

くぅ~このストラトの音よ。

 

 

話をビールに戻しますが、ラガービールというのは苦いのか?熱処理したビールをラガービールというのか??とか何も知らずネットで調べてみましたが、発酵の仕方の違いとのこと。

ラガービールと違う発酵方法にはエールビールがあると。IPA(インディア・ペール・エール)を好きでちょくちょく飲んでるんですが、ラガーとかエールとか何も考えてなかったですね・・・うまいもんはうまいということで(笑)

もっとビールのことを調べていこう。

℃-uteの切ない系ソングス #7

「切ない」と簡単にタイトルに使いましたが、そもそも「切ない」ってどういう意味なのか調べました。

悲しさ、寂しさ、恋しさで胸が締めつけられるような感じのこと。

言葉は時代とともに意味の範囲が変わるものと思いますが、「切ない」と聞くと今は恋愛ごとに使うイメージですよね。

 

悲しい、とは違いますが「胸が締めつけられる感じ」、この曲を聞くと感じるんです。

桜チラリ」好きなんです。名歌詞です。

 

℃-ute桜チラリ」(2007)

作詞・作曲:つんく 編曲:高橋諭一


インディーズデビュー曲がパワフルな「まっさらブルージーンズ」で、メジャーデビュー曲がその反対のはかなげな「桜チラリ」という理由が知りたい(笑)

 


2月7日は矢島舞美ちゃんと萩原舞ちゃんの誕生日、おめでとうございます!

 

 「夏DOKIリップスティック」(2007)

作詞・作曲:つんく 編曲:山崎淳

 

あらためて、3万人から選ばれたハロー!プロジェクト・キッズ15人すごいです。

℃-uteの切ない系ソングス #6

℃-ute 「ひとり占めしたかっただけなのに」(2012)

作詞・作曲:つんく 編曲:湯浅公一

 

このときのひなフェス行ったっけ、帰りに横浜中華街で食事したことも覚えています。

ひなフェス、また横浜でやってくれないかな。

 

2月5日は「なっきぃ」こと中島早貴ちゃんの誕生日です、おめでとうございます!

このTrain Lip Ver. 埋もれていますが評価されるべきです、めちゃくちゃいい。

なっきぃの歌もいいし、最後にきらきらの海が出てくるのがキュンとなります。

なっきぃ、鉄道旅が似合う!👍

 

℃-ute君は自転車 私は電車で帰宅』 (中島早貴 Train Lip Ver.) (2012)

作詞・作曲:つんく 編曲:山崎淳


よし、この春は青春18旅するか!

℃-uteの切ない系ソングス #5

℃-ute 「涙も出ない 悲しくもない なんにもしたくない」(2013)

作詞・作曲:つんく 編曲:AKIRA


この曲のイントロが印象的でコンサートで観たことを今でも覚えています。

まいまいメインの一曲ですね。

 

 

全国通訳案内士試験を受けます '23 中文編 (終)甜酸的春天櫻花開了

Berryz工房×℃-ute甘酸っぱい春にサクラサク」(2011)

作詞・作曲:つんく 編曲:宅見将典

(ぁぁ、やっぱりベリキュー最高だ)

 

今日発表があり、去年の英語に続いて通訳案内士試験(中国語)に合格していました。

前回より落ち着いていたものの、この一か月ずっと結果が気になっていました。

すごくうれしい反面で今は気持ちに穴が空いた感じがします。

 

12月の口述試験で自分の足りていない部分が分かり、今回が不合格だった場合も想定して別の新たな目標として中国語検定準一級を受けていくことに決めて既に勉強を始めています。

資格試験自体が目標ではなくて「あんなの飾りです。」と思えなくもないですが、特に語学はゴールがないので次の目標が設定できる試験はありがたいです。

英語は、今はTOEIC満点と国連英検特A級を目標にしています。

いつ取れるかは分かりません。

でもこれは語学だけでなく、どんな小さいことでも、年齢も関係なく、たとえ結果がすぐにでなくても、気持ちに火を持ち続けることってすごく楽しいなと益々感じています。

 

 Mr.Children 「終わりなき旅」(1998)

作詞・作曲: 桜井和寿 編曲: 小林武史 & Mr.Children

℃-uteの切ない系ソングス #4

℃-ute「これ以上 嫌われたくないの」(2010)

作詞・作曲:つんく 編曲:平田祥一郎


それで育った?せいか、曲中にイェーイ!ふぅー!があると、特にライブで熱くなりますね。

このコーラスの感じなど、つんく節であることはもちろん、ヒラショー節でもあるのかな。