ハロプロソロ!#6 【祝ソロフェス!2放送決定】

ふくちゃん(譜久村聖)といえば、ももちヲタなことはハロプロ界隈では有名でした。

 

そのももち(嗣永桃子)が卒業発表した年の春の千葉県幕張でのひなフェス、最初は土日4公演のうちJuice=Juiceプレミアムの回に行ければいいかなと考えていたら1公演は「嗣永桃子 プレミアム」だと発表されて、これも行かねばと予定を変えて千葉にホテルをとって土日2日間行くことにしたんです。

嗣永桃子」プレミアムというからにはBerrzy工房の楽曲を中心にももち大フィーチャーのプレミアム公演を期待するではないですが、それがももちの奥ゆかしさなのか実際は自分よりもグループのカントリー・ガールズBuono!に花を持たせた選曲・内容でした。もちろん楽しかったんです、楽しかったんですが正直なところもっとももち個人を前面にした公演を期待していました。

 

そして6月の卒業コンサート、行く前は春のひなフェスと同じような感じなのかなと想像していました。

これが、いざ始まってみると最後に、、最後になんちゅうもんを見せてくれたんや・・・(涙)

 

 

ももち全開やないかーい!

 

しかも想像のK点をはるかに越えていました。

ここ数年かと思いますが「自己プロデュース力」が研修生・ハロメンの一つのクライテリア?になってきているようです。

ももちのその自己プロデュース力のすさまじさを最後にしかと見せてもらいました。

 

 

 

あの空を抱きしめて

先日、アニメ「きまぐれオレンジ☆ロード」のサントラはいい歌ばかりと書いたんですが、これも忘れられません。

和田加奈子さんは歌だけでなく作詞も素晴らしい。

「時は私を待たない」なんてシンプルですが切なく強く美しい言葉だと思います。

 

和田加奈子「あの空を抱きしめて」(1988)

作詞:和田加奈子 作曲:伊豆田洋之 編曲:白井良明

 

この外国の方の動画には愛があります。

コメント欄も愛にあふれています、英語、日本語、中国語、韓国語、フランス語、タイ語

 

白井良明(りょうめい)さんと言えば、ギターの人だと思いますが、この弦やアコースティック楽器の重なりは本当にきれいで名アレンジです。

ハロプロソロ!#5 【祝ソロフェス!2放送決定】

「だーいし感」というものがあるならば、これは「ふくちゃん感」でしょう!

 

譜久村聖「歩いてる」オリジナル:モーニング娘。(2006) 

作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行

モーニング娘。ツアー初日映像 MC:和田彩花【ハロ!ステ#7】 2013/03/19公開

 

ビルと昔ながらの家が共存している感じが東京の風景らしくていいですね。

ふくちゃんが歩きながら歌う「歩いてる」、もう8年前と懐かしい動画ですがきっと8年前に見たときもどこか懐かしく感じたことでしょう。

ふくちゃん感とはちょっとノスタルジックな何か。

 

ハロプロソロ!#4 【祝ソロフェス!2放送決定】

グループに所属しているメンバーなのにソロの代表曲があるケースがかなり少ないですがあります。

アルバム曲やシングルカップリング曲の数が多かったつんく♂P時代の一つの華と言えるでしょうか。

 

光井愛佳 「私の魅力に 気付かない鈍感な人」(2009)

作詞・作曲:つんく 編曲:湯浅公一

愛佳ちゃんといえばこの曲、この曲といえば愛佳ちゃんというほどの代名詞、「私の魅力に 気付かない鈍感な人」

タイトル含めつんく♂アイドルソングの教科書のような一曲で、コールがまた楽しくてライブではいつも盛り上がります。

 

ただシンプルなようで実はこの曲、歌うのが難しいのかなと思います。

なので空想することがあるんです、あの「美味しんぼ」の中華料理の話で、どんな料理も及第点なのに山岡士郎がオーダーした炒飯ひとつでその調理人の真の実力が分かってしまったというエピソード「直火の威力」から

 

ぽわぽわわ

 

カッコイイ系、ほんわか系、ファンク系、おもしろ系、これまでのハロプロカラオケの歌いっぷり及第点をやろう、、だがこれはどうかな・・・・次はこの曲だ

 

バーーーン!「私の魅力に気付かない鈍感な人」!

 

フフフ・・・まだだな

この曲はカワイイ系の技術を見るのに一番適した曲だ、まだかわいさが振り切れていないのだよクァッ

(空想空想)

 

 

 

ハロプロソロ!#3 【祝ソロフェス!2放送決定】

今日から夏のハロコンが大阪から始まり、行ってきました。

現場は今年初めてと久しぶりで、コンサートそのものだけでなく会場の雰囲気を含めて色んなことが新鮮でとても楽しかったです。

今回のハロコンは、各グループのメンバーを半分に分けてそれぞれteam Sapphireと、team Rubyとして2パターンで行われます。今日はRuby公演でした。 

自分が注目していたこともありますが、モーニング娘。15期(ルビーは北川、山﨑)は目を引きました。

目が悪いものでちょっとぼやけて見えるんですが、北川莉央ちゃんに「さゆ?」と道重さゆみちゃんの姿を重ねました美少女感とでもいいましょうか、そしてダンス未経験で加入したとは思えない俊敏さがきれいです。

山﨑愛生(めい)ちゃんは楽しそうなのがいいです、こちらまで楽しくなります。

そのときは会場で見たんですが、何年か前の研修生発表会での英語バージョンのJuice=Juice「Wonderful World」、あの頃から目立っていました。

 

このバースデーイベントのソロパフォーマンス、素晴らしいです。

正直に言いますと、繰り返し見ています。このセトリのサービス精神なんて最高ではないですか。

https://www.youtube.com/watch?v=LyUgKitamQU

 

ほんとにつくづく早く単独コンサートツアーが再開して欲しいものです。

ハロコンは明日ではないですがサファイヤ公演も観に行きます。

始まったばかりで具体的な感想はここでは控えておきます。

 

鳥のように

久石譲さんといえば、この歌がずっと耳に残っています。

 

和田加奈子「鳥のように」(1988)

作詞:和田加奈子 作・編曲:久石 譲


アニメ「きまぐれオレンジ☆ロード」の音楽は、和田加奈子さんの歌を中心にどれも本当にいいんです。もちろん作品自体もですが。

作者のまつもと泉さん、声優の鶴ひろみさんや、本多知恵子さんらがもう亡くなっていることは、時間が流れていることに気付かされます。

 

和田加奈子「夏のミラージュ」(1987)

作詞:湯川れい子 作曲:TSUKASA 編曲:鷺巣詩郎

鷺巣詩郎さんの超名アレンジ!

 

おやすみなさいの音楽

宮崎駿監督 「ハウルの動く城」(2004)

劇場公開以来見ていないので内容はかなり忘れていますが、、

この音楽が好きです。

 

3/4拍子、ワルツタイムの曲はなぜかノスタルジックな気分にさせます。

 

Joe Hisaishi - Merry-Go-Round of Life

「人生のメリーゴーランド」作曲・編曲:久石譲