私の好きなJPOPアルバム -その1- aiko 『夢の中のまっすぐな道』

1980年代に中高学生時代を過ごしました。その頃は洋画洋楽、アメリカイギリスの映画や音楽、文化が大好きで憧れが強かったんです。

だから、ただ単純に日本の音楽は劣っているものなんて思っていました、その年齢にはよくあることでしょうが。

 

洋楽を聞くときは、歌詞は聞き取れないのでボーカルも楽器と同じなんです、だから歌詞に意味があることも分かっていなかったんです、これがほんとに。(笑)

いえ、これは洋楽ファンあるあるでしょう。

 

それが、だんだん日本の小説や日本のアニメが好きになっていくうちに日本の歌(JPOP)の良さも分かってきて、歌詞に意味があること、歌詞から歌を聞く楽しみも覚えました。

日本語ってきれいな言葉だなと分かり始めたんです。

 

前置きが長くなりましたが、そうやって好きになったJPOPの中で自分が好きなアルバムを並べてみようと思います。

音楽は個人体験です。なので選ぶものは個人の世代や性格や好みがもろ反映されます。もし同じテイストをお持ちの方がいれば、そのアルバムも気に入っていただけるかもしれませんね。

 

-その1-

aiko夢の中のまっすぐな道』(2005年)

 

このアルバムは、アルバムを通して一つの雰囲気を持っているんです、コンセプト・アルバムのような。そして、その雰囲気にすごく引き付けられるんです。

一曲一曲で見ると、「カブトムシ」(名曲!)や「花火」等が収録されている『桜の木の下』が強力な曲が多いんですが、『夢の中のまっすぐな道』はアルバムとしての雰囲気にすごく引き付けられるんです。

 

特にアルバム一曲目の「青い光」を聞くといつも、自分自分の心の奥底の隠していた部分をギュッとつかまれるような気になります。歌詞の意味そのものではないので、なぜかは分かりません。仕事に行く前にこのアルバムは聞けないんです、自分の中に入ってしまって外に出れなくなるので、ほんとに。。

 

「かばん」

作詞・作曲:AIKO 編曲:島田昌典

明るいのに、声にどこか寂しさが感じられて、そこがいいんです。

 

三国駅

作詞・作曲:AIKO 編曲:吉俣良

歌と演じることは確実に相関関係がありますね。

このMVのaikoを見ていてもそう思います。

 

 

 

 

『桜チラリ』

明るい曲なんだけど、ちょっと切ない感じ

この曲だけでなく、つんく♂さんの多くの曲の魅力だと感じています。

 

桜チラリ』(2007年 ℃-uteのメジャーデビューシングル)動画は2012年

作詞・作曲:つんく 編曲:高橋諭一


℃-ute 桜チラリで 『桜チラリ』

 

℃-uteがかわいくて好きな動画です。東京の桜きれいですね、港区の公園でしょうか。

もう8年前なのかぁ・・

 

 

男友達

モーニング娘。のアルバム『4th「いきまっしょい!」』(2002年)は、よく聞きましたね。

本当にいい曲づくめで、折にふれて聴きたくなってその度に、あ、この曲もあったそういえばこの曲もだって新鮮な驚きでワクワクします。

 

なっち(安倍なつみ)のこの曲もいいんですよね!

「男友達」

作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木俊介





いいことある記念の瞬間

このところ、、仕事ではどう対処してよいか答えが見つからない状況に落ちいったり、そこに塩を塗るような言葉も浴びせられたり、コロナウィルス流行のせいで楽しみにしていた旅行をお金も戻らないのにキャンセルしたり、その他も計画がくるったり、ハロプロイベント・ライブが中止になったり!、あったはずの本が見つからなかったり・・・・まったく何一ついいことがなかったのですが・・・

 

仕事は少し解決のヒントが見えはじめ、そしたら本も本棚の隅に見つかって、そして外を見れば昨日の雨と一転して晴れ間が出ているではないですか。ちょっと希望も出てきて、あーーー・・いいこともあるなと、「いいことある」・・・

 

モーニング娘。「いいことある記念の瞬間」!(2002)

作詞・作曲:つんく 編曲:ダンス☆マン





ありがとう!モーニング娘。つんく♂さん!

『ナキ・ムシ』

20年以上素晴らしい歌を歌って書き続けているaiko、あらためてすごい!

 

久しぶりに聴いた「ナキ・ムシ」

やっぱりいいですね。

 

aiko 『ナキ・ムシ』 (1999)

作詞・作曲:AIKO、編曲:島田昌典


aiko- 『ナキ・ムシ』music video